リダイレクト設定(301、302とmeta refresh)

リダイレクト設定(301、302とmeta refresh)

リダイレクト設定とは、サイト訪問者を特定のURLへ自動的にジャンプさせることです。

ホームページをリニューアルする場合や、フォルダ名やファイル名を変更してURLが変わるときには、適切なリダイレクト設定を行わないと、旧URLで獲得したリンクポピュラリティ(バックリンク評価)が、無になってしまいます。

ドメインを引越した場合には、リダイレクトする事により旧URLの被リンクを、新URLに引き継がせることが可能になります。リダイレクトにはサーバ側で行う、サーバーサイドリダイレクト(301リダイレクト)と、サイト側で行うクライアントサイドリダイレクト(meta refresh)があります。

301リダイレクト

.htaccessの生成

テキストエディタで「.htaccess.txt」というファイルを作り、下記の「.htaccess の中身」を記述後、サーバーにアップロードします。サーバー上で「.htaccess.txt 」のファイル名を「.htaccess 」 に変更します。

※すでにサーバ上に「.htaccess」ファイルがある場合は、そのファイルをダウンロードし追記します。

.htaccess の中身

[サイト全体を新ドメインへ転送(mod_rewrite)]
RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^www.sample.com
RewriteRule ^(.*) http://www.example.com/$1 [R=301,L]

www.sample.comからwww.example.comへ転送されます。サブページのURLを変更していない場合には、これで全てのページが対応するページへリダイレクトされます。

[サブディレクトリに展開したWordPressサイトを新ドメインへ転送(mod_rewrite)]
RewriteEngine On
RewriteBase /dire/
RewriteRule ^index\.php$ - [R=301,L]
RewriteRule . /dire/index.php [R=301,L]

Redirect 301 /dire/ http://example/

.htaccessはWordPressをインストールしたサブディレクトリにアップロードします。それぞれ対応するページへ転送されます。もっとスマートな記述方法がありそうですが、知識不足です。

[下位ページも含めサイト全体を新ドメイントップへリダイレクトする場合]
RedirectMatch 301 .* http://新ドメイン/

[トップページを新ドメインに転送]
Redirect permanent / http://新ドメイン/

[ディレクトリのURLを変更した場合]
Redirect permanent /seo/ http://www.seo-blogs.biz/search/new/
seoのディレクトリにアクセスした際に、newディレクトリに転送されます。

[個別ページをディレクトリへリダイレクトする場合]
Redirect permanent /wrodpress01.html http://www.seo-blogs.biz/wp/
Redirect permanent /wrodpress02.html http://www.seo-blogs.biz/wp/

wrodpress01.html とwrodpress02.htmlにアクセスした際に、/wp/に転送されます。

同一ドメイン内で飛ばす場合、転送元と転送先に同じディレクトリ名があると、無限ループに陥ってしまいますので注意が必要です。

.htaccessの「Redirect permanent」の部分は「Redirect 301」でもOKです。302の場合には、頭が「RedirectTemp」となります。

リダイレクト設定の確認

リダイレクト設定が完了したら、実際に旧URLにアクセスし新URLに飛ばされるかのチェックしましょう。

301リダイレクトは、View HTTP Request and Response Headerでも確認することができます。Website Explorerでは、サイト全体のリダイレクト状況を確認できます。

リダイレクト設定後おおよそ2~3ヶ月でリンク情報などが新URLへ移動するようです。 リダイレクト設定が有効である期間のみ被リンク効果も有効ですので、リンクが引き継がれた後も旧ドメインを破棄してはいけません。

301リダイレクトと302リダイレクトの違い

完全な移転の場合には、前述のとおりhtaccessに「Redirect permanent」と記述するのですが、一時的な移転の場合には「RedirectTemp」と記述します。

[301リダイレクト]
URLが完全に移転する場合 (301 Moved Permanently)
検索エンジンは転送元URLが完全に移転したと認識。

[302リダイレクト]
URLが一時的に移転する場合 (302 Moved Temporarily)
検索エンジンは転送元URLが一時的な移転と認識。

/pc/index.htmlなどのようにPC用のディレクトリを作っている場合に、検索結果に表示させたいURLをドメインで終わらせたいと言う場合にも302リダイレクトを使用します。

⇒検索結果に表示されるURLがサブディレクトリになってしまっている場合の対処法

URLの正規化(wwwありなし、index.htmlありなし)

http://www.seo-blogs.biz/
http://seo-blogs.biz/
http://www.seo-blogs.biz/index.html
http://seo-blogs.biz/index.html

上記の4つのURLは、ユーザにとっては同じページとなりますが、検索エンジンは別のページと見なす可能性があります。表示されるページは同じでも、www無しのURLに張られたリンクとwwwありのURLに張られたリンクとでは異なるページに張られたリンクとしてカウントされてしまいます。

この同一ページなのに異なるページへの被リンクとしてカウントされてしまう事を防ぐ為の施策がURLの正規化です。サイト内リンクが統一されていればそこまで気にする必要は無いのですが、被リンクが分散してしまっている場合には、統一した方が良いかもしれません。

.htaccessによる301リダイレクトを利用すると、「wwwなしURLからwwwありURLへの転送」、「index.htmlありURLからindex.htmlなしURLへの転送」を簡単に行う事ができます。

設定方法については海外SEO情報ブログさんの記事が参考になります。

※URLの正規化はできる限り行った方が良いのでしょうが、統一したことによるSEO効果を実感したことは無く、個人的にはcanonical属性同様、一般的な企業サイトやブログではあまり必要性を感じていません。

meta refreshによるリダイレクト

SEOの面では301リダイレクトがベターなのですが、無料サーバなどで.htaccessが利用できない場合には、metaによるリダイレクトを行います。metaによるリダイレクトはサーバではなくクライアント側で行う方法であり、ブラウザ上では一瞬旧URLが表示される可能性があります。

<meta http-equiv="refresh" content="0; URL=http://新ドメイン">
即時(0秒)に指定のURLにジャンプします。

<meta http-equiv="refresh" content="3; URL=http://新ドメイン">
旧ページ表示3秒後に指定のURLにジャンプします。

Yahooはゼロ秒リダイレクトを301リダイレクトと同様に処理する事を明言しています。

リダイレクトとは? - Yahoo!インフォセンター

この値を「0」とした場合、YSTは301リダイレクト(永久的なリダイレクト)、「0」以外の値を指定した場合には、302リダイレクト(一時的なリダイレクト)と扱います。

Googleではゼロ秒=301という事が公式に発表されていませんが、301が利用できない環境のリダイレクト設定は、metaによるゼロ秒リダイレクトを行う他ないでしょう。

meta refreshの場合には、旧URLのコンテンツ部分に新URLへリダイレクトする旨の文章と新URLへのリンクを記述した方が良いでしょう。

リダイレクトのやりすぎに注意

ページごとのリンク評価を上手く引き継がせるためには、サイト全体を一括で新ドメインにリダイレクトする形ではなく、元ページから新ドメインのそれぞれの対応したページに個別にリダイレクトさせる必要があります。

しかし、metaによるリダイレクトは、スパムとして利用される事が多かった為、多用する事でペナルティを受けてしまう可能性もありますので注意が必要です。

リダイレクトせずに旧ドメインを生かす

リダイレクトするにしても結局は旧ドメインの運営費はかかってしまうわけですから、旧サイトをそのまま残し、サテライトサイトとして残す事や2サイト体制で運営して良く方向で考えても良いでしょう。

旧ドメインと全く同じサイトを新ドメインにアップした場合、検索エンジンにはミラーサイト(コピーサイト)と認識されて、どちらかのサイトが検索結果から除外されます。2サイト体制で行く場合には、キーワードの一部を変更する様なことはせず、関連サイトではあるが異なるサイトとしてそれぞれのドメインに価値を持たせた方が良いでしょう。

公開日:2009年9月7日
最終更新日:2013年12月15日

コメント

コメント



»
«